オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2006年 8月 9日

プラタナスグンバイ

(※この記事は旧ブログのものです。表示崩れ等ありますがご了承下さい。)

都市部の街路樹に良く使われるプラタナスの仲間ですが、成長が早い、比較的害虫が少ない等の理由で各地で植栽されています。

このプラタナスに近年「プラタナスグンバイ」というグンバイムシが発生しています。
外来種です。
プラタナスグンバイが発生した木は、葉が白くなってきて、近くで見ると細かな虫がまるでアブラムシのようについています。

これを拡大してみると、グンバイムシの排泄物や脱皮殻、幼虫、成虫の模様などで、よくわからない状態になっています。
隠蔽がうまくいっているんでしょうね。

でも。プラタナスグンバイの造形はすばらしいでしょう。とにかく形がすごい。
これで体長が1センチもあったらすばらしい虫なんですが。なにぶん小さくて、最低でもルーペで見ないと良くわかりません。

ちなみにグンバイムシはカメムシの仲間。在来種にはツツジグンバイやナシグンバイ、キクグンバイなど、いずれも小さいながら奇抜な造形をしています。

各地に広まっているようですから、あなたの近くにもすみついているかもしれません。
外来種なので、これといった天敵もいないため大発生します。
見つけたらぜひルーペか顕微鏡でのぞいてみてください。