オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2008年 10月 24日

クロタラリア

(※この記事は旧ブログのものです。表示崩れ等ありますがご了承下さい。)

緑肥植物なんですね、これ。

クロタラリアは属名でこの属の中に何種かあるようですね。

在来のタヌキマメに近縁のようです(ずいぶん姿は異なりますが)。

マメ科なので窒素固定するのはわかるのですが、それに加えてセンチュウの抑止効果もあるんだとか。

極めてすぐれものなんですね。

この写真は屋久島の林道に畑から逸出しているものです。

毎年こうして花を咲かせて世代交代していますが、侵略的でないので周りに広がることはありません。

センチュウ用の農薬を減らせるし、化学肥料も減らせるので、使う農家さんも多いようですね。

もっとも畑では花が咲く前にすき込んでしまうことも多いので、

この花を見られることは少ないかもしれません。

大きく膨らんだ豆はおいしそうですけど、中には細かな種が入っているだけで空っぽ。

食べるわけにはいきません。

降るとカシャカシャ音がするので「豆マラカス」になります。