オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2007年 1月 8日

キノコ日和の収穫品

(※この記事は旧ブログのものです。表示崩れ等ありますがご了承下さい。)

昨日ご紹介できなかった冬のキノコたちです。

まずはヒラタケ。倒木のうろの中に生えていました。気が付きにくいですよね。

うろの前の枯れづるなどをどけて、取り出してみました。左下のレンズキャップは58ミリ用です。

表がわも。

ちょっと大きくなりすぎていたので、うろの中にお返ししておきました。

前のは多分シデに生えたものですが、次はケヤキに生えたもの。

このケヤキのは毎年2回収穫させていただいています。

そして次はエノキの立ち枯れに生えたヒラタケ。

この立ち枯れ、ヒラタケのほかにエノキタケとアガゲキクラゲもはやしています。

とっても優秀な立ち枯れなんですね。

でもこのキノコたち、取れないんです。

地上3~5メートルあたりに生えていて、しかも下は水深30センチほどの水溜りなんです。

で、ほかの場所なども見て回り、これが収穫したキノコたち。

キクラゲがとてもいい状態なのでこれは中華風炒めとスープにしようと思います。