オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2008年 9月 12日

キノコ、きのこ、茸、kinoko・・・・

(※この記事は旧ブログのものです。表示崩れ等ありますがご了承下さい。)

昨日ご紹介したキタマゴタケでなくいろんなキノコが出ていました。

ご紹介しましょう。

これはナラタケモドキ。

お味噌汁にしたほか、水煮して冷蔵庫に入れてあります。

これはマツオウジ。

いままで食べたことなかったので、茹でこぼしてから鶏肉と一緒に醤油と鰹節で和風の炒め物。

そしてノウタケ。

フライパンでバター焼き。

不明イグチ1。

あるだけのキノコ図鑑を見比べて決定的な毒キノコではないことまでは判明。

次のものもそうです。

不明イグチ2。キタマゴタケと一緒に写っています。

野生キノコの食用については、致死的な毒キノコも存在することから、ブログなどで気軽に

「おいしい」とか、「食べられる」とか言うものではないと気をつけてはいるのですが。

でも、古くから地域地域で食べられているおいしいキノコがあるのも事実。

やっぱり注意に注意を重ねて、最後は自己責任で食べるかどうかを判断します。

おそばにアレルギーを起こす方がいたり、牛乳でおなかを壊す人もいるように、

シイタケにアレルギーを持つ人だっているんですから、みんなが食べているものでもその人には危険、

ということもあります。

注意するに越したことはありません。

ということで、皆さんもお気を付けくださいね。
この日は食べられるかどうかですごく悩んだので、安全に食べられるラーメンに挑戦しました。

江戸川を越えて埼玉の庄和飯店です。

きのこラーメン。

何種類のキノコが入っていたと思いますか?

キクラゲ、フクロタケ、ブナシメジ、エノキタケ、シイタケ、そしてナメコ。

何と6種類、きのこだけ。

ネギもお肉もありません。

ナメコのとろみがついた本格きのこラーメンでした。