オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2006年 8月 8日

オオカマキリが幼虫を

(※この記事は旧ブログのものです。表示崩れ等ありますがご了承下さい。)

4月に生まれた庭のオオカマキリたちはその後どこへ行ったかと思っていたら、ちょっと消息がわかりました。

ツツジの植え込みの中でハバチの幼虫に喰らいついていました。ハエとかトンボなど羽のあるのを捕まえて食べているのかと思ったら、こんなイモ虫状の幼虫も食べるんですね。

こうして毎年最後には3,4匹が残って卵塊を残して消えていきます。