オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2007年 1月 17日

イラガの繭、スズメのトイレ

(※この記事は旧ブログのものです。表示崩れ等ありますがご了承下さい。)

昨年も紹介しましたが、この時期葉を落とした枝に良く目立ちますね。

一時期はヒロヘリアオイラガなどの外来イラガに押されて、あまり見かけなくなっていたのですが。

一昨年、この繭を取ってきて羽化させたら、5割以上の確率でイラガイツツバセイボウという、

寄生性のハチ(青蜂)が出てきました。ものすごくきれいなハチです。

さてイラガが羽化したあとの繭は上部がきれいに切り取られたようになって残ります。

これを昔は「すずめのしょうべんたご」と呼んでいました。漢字にすると「雀の小便坦桶」。

昔、水肥を桶に入れて天秤で振り分けにして担いだというあれです。

まぁあまり美しくはありませんが、風情がありますね。

ちなみにヒロヘリアオイラガの羽化繭にはそんな風情は感じられません。