オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2006年 3月 16日

アカミミガメ

(※この記事は旧ブログのものです。表示崩れ等ありますがご了承下さい。)

先週の土曜日は、いかにも春到来といった日和でした。いつもの散歩コースを歩いていると、今まで氷が張って生き物などいない雰囲気の水路にカメが浮いていました。冬の間に死んで沈んでいた個体が水温が上がって浮いたきたのかと思ったらどうやら生きています。よく見るとあちこちに浮いていて、100メートルほどの距離に7,80個体です。すべてアカミミでした。
アカミミガメは外来生物法で【要注意外来生物】にリストアップされ、引き続き【特定外来生物】に指定するかどうかが検討されます。本来の生息地からペットとして持ち込まれた生物が遺棄され、その土地で定着・繁殖し問題となっているわけで、アカミミ自体に罪があるわけではありません。人間が責任をもって飼養しなければいけないですね。(Ku.Ma.)