オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2009年 9月 2日

アカボシゴマダラ

(※この記事は旧ブログのものです。表示崩れ等ありますがご了承下さい。)

 8月の末に東京都清瀬市の金山緑地公園に生物観察に行って来ました。
この近辺にはカワセミが営巣しており、最近では幼鳥の採餌を観察する
ことが出来ます。その為、巨大な望遠レンズを装着した一眼デジタル
カメラを持ったカメラマンが大勢来ています。

 予定の観察を済ませ駐車場に向かっていると、見慣れないチョウが
目に飛び込んできました。アゲハチョウほどの大きさで、後翅には
赤い斑紋が目立ちます。もしやと思いコンパクトデジカメで撮影。

 その正体はタテハチョウ科コムラサキ亜科のアカボシゴマダラ。
中国大陸由来で、環境省により要注意外来生物に指定されています。
東京都や埼玉県、神奈川県で確認されているようです。

 生態的には、生息環境が在来のゴマダラチョウと重複するところが
多いので影響が心配です。   S田  

 東京環境工科専門学校 
 http://www.tce.ac.jp/