オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2010年 9月 6日

のどがカラカラ?のコガタスズメバチ

(※この記事は旧ブログのものです。表示崩れ等ありますがご了承下さい。)

 
 今年は毎日暑い日が続きます.東京はもう1ヶ月も雨が降っていません.

夕立もないため夜になっても気温が下がらず,まるでドライサウナにいる
ようです.暑さでクタクタになっているのは人間だけではなく,昆虫も同じ
ようです.
 
 今日ご紹介するのは学校の中庭に飛んできたコガタスズメバチです.写真を
撮影する数日前から1頭のコガタスズメバチが中庭の鉢植えに頻繁にやってき
ていました.コガタスズメバチなので,もともと攻撃性はさほどありませんが,
人間には目もくれずに毎回,同じ植木鉢の中に入っていきます.
 
 そ~と覗いてみると,鉢の表面のコケの上でじっとしています.かなり喉が
乾いているのか,はたまた巣の冷却のために水分を確保しているのかは定かでは
ありませんが,一心不乱にコケをなめていました.かなり近くまで寄って写真を
とっても気にする気配はありませんでした.
 
 当校の学生は実習でスズメバチによく遭遇するので対処法も知っていますし,
コガタスズメバチなので放っておいても大丈夫かとも思いましたが,来客の方や
事務職員が刺されると危ないので一応駆除しておきました.もちろん,標本は
渋谷キャンパスの生物多様性データのひとつとして保管します.  (吉)
 
東京環境工科専門学校