オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2009年 10月 28日

2年必修・屋久島実習

(※この記事は旧ブログのものです。表示崩れ等ありますがご了承下さい。)

報告が遅れましたが、10/1~10/9と10/13~10/21の日程で2年生の屋久島実習が行われました。

世界自然遺産にも登録されている鹿児島県・屋久島は日本列島の自然環境をぎゅ~っと凝縮したようなところです。北から南に細長い日本列島。屋久島の山頂部は亜寒帯気候の北海道とおなじぐらいで冬は雪が降りますが、里は亜熱帯気候で海にはサンゴがあります。まるごと花崗岩の島、九州一高い山、ひと月に36日雨が降るといわれる気候が独特な景観を創りだしています。
「縄文杉」や「もののけの森」などほんの一部分だけに注目が集まっていますが、それがある背景を、丸ごと見てほしいと思います。

ということで実習では屋久島を丸ごと見てほしいので、シュノーケルで海を、黒味岳登山で山頂部を、ぐるっと島を一周することで東西南北を、かなりおおざっぱではありますが見て回ります。

 写真は西部林道で観察したヤクシマザル、黒味岳山頂、紀元杉、春田浜、永田集落から見た永田岳です。

 屋久島実習で楽しみなのは、この島で活躍している卒業生が遊びに来てくれることです。今年も遊びに来てくれた・お手伝いをしてくれた卒業生のみなさん、ありがとうございました。
 また来年も、後輩たちの様子を見に来てくださいね。