オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2007年 10月 15日

高山部のヤクシカ

(※この記事は旧ブログのものです。表示崩れ等ありますがご了承下さい。)

ヤクシカ(ニホンジカの屋久島亜種)は、屋久島中に広く分布しています。

海岸から町の周辺、そして1800メートルを越える高山部にまで生活しているんです。

この10年間を考えて見ると、最近はシカを見る機会が格段に増えています。

一湊の実習地ではよく草を食べていますし、

標高1600メートルの花之江河では湿原を歩き回る姿をたびたび見かけます。

10年前はそんな事はありませんでした。

写真は黒味岳頂上下1800メートル付近で撮影しました。1枚は花之江河です。

明らかに人を恐れなくなったのも印象的です。

うまくすれば2メートルくらいまでは楽に近づけます。

その中で森林内の下草の消失、かんきつ類の樹皮剥ぎなどの問題の発生、

ヒルの増加などの現象が起こっています。

前は見られなかった大川の滝下流あたりでも、ヒルを良く見かけるようになりました。

これはシカだけでなくサルも関係しているかもしれません。

シカと人間、野生生物と人間の付き合い方を考えさせられます。