オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2006年 2月 22日

鋸谷式林業の大内さん

(※この記事は旧ブログのものです。表示崩れ等ありますがご了承下さい。)

巻き枯らしや強度間伐を取り入れた省力型林業とも言うべき「鋸谷(おがや)式林業」の普及に努める大内正伸さんを群馬県神流(かんな)に訪ねました。目的は増穂ふるさと自然塾の開塾式に、記念講演と鋸谷式林業のデモをお願いするためです。目的は達成されました。「むささびタマリン」の紙芝居と、記念講演は4月30日、翌1日は町有林でデモンストレーションです。この日程をはさんで選択実習になりますから来年度の新2年生はこれを選択できます。
大内さんは神流の古民家に移住してきました。ここで本業のイラストレーターの傍らいろいろな活動をしています。増穂の平林に良く似た中山間地で、大きな水力発電用の神流川ダムのそばです。前夜の雪に囲まれながらフクジュソウが花を咲かせていました。(Ku.Ma.)