オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2011年 7月 19日

ピサンゴレン~インドネシア・ブナケン実習便り(3)

(※この記事は旧ブログのものです。表示崩れ等ありますがご了承下さい。)

ブナケン島滞在中のおやつの定番と言えばピサンゴレン。ピサンゴレンとは
バナナを油(何の油かは分かりません。普通はサラダ油でOK)で揚げた
簡単な料理です。

実習中は、大量の汗をかいているはずなのですが、ずっと海に入っているので
汗をかいた感覚がありません。そのため、体内からの塩分欠乏が激しくなり、
体調を崩してしまうのです。

現地の人は、このピサンゴレンにダブダブという調味料(香辛料が効いていて
本当に辛くて、塩もたっぷり入っています)を一緒につけて食べます。1枚目の写真の
奥の皿に入っている赤い調味料です。見るからに辛そうでしょう?

もちろん、日本人向けに辛さを抑えてくれていたので、ほとんどの学生が大丈
夫でした。地元の人は、ピサンゴレンだけでなく、他の料理にも必ずと言って
良いくらい使います。そうすることで塩分を供給しているんですね(食生活は
奥が深い!)

さて、学生の反応はといいますと、このピサンゴレン&ダブダブのタッグは
最強で、いつも完食していました。ピサンゴレンを美味しそうに頬張る写真を
アップしておきます              (吉)

海外実習も充実!
東京環境工科専門学校
http://www.tce.ac.jp/