オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2011年 7月 29日

ガンガゼ~インドネシア・ブナケン実習便り(11)

(※この記事は旧ブログのものです。表示崩れ等ありますがご了承下さい。)

ブナケンの海にはガンガゼがたくさん生息しています。それこそ、初めて
シュノーケリングを練習するような浅い場所から、かなり深い場所まで
まんべんなく分布しています。

堅く尖った長いトゲがたくさん生えていますので、特に浅瀬では踏んだり、
体に刺さったりしないように注意が必要です。それでも、長い実習の間には
踏んでしまう事故が発生しました。足に深く食い込むので抜くことはほとんど
出来ません。

こんな場合の対処法を地元の人は心得ていて、トゲが刺さった部位を棒などで
叩き始めます。結構長い時間、強めに叩くのですが、不思議なことに痛みが
無くなり普通に歩けるようになりました。実は去年の実習を引率した教員Mも
刺さってしまい、この方法で治療?してもらったそうです

ところが、別の学生が見よう見まねで同じ事をしたところ、かえって痛みが
強くなってしまいました。やはり地元の知恵は、奥が深い!   (吉)

海外実習も充実!
東京環境工科専門学校
http://www.tce.ac.jp/