オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2011年 10月 19日

ウミウシ、ヒラムシ、アメフラシ~インドネシア・ブナケン実習便り(27)

(※この記事は旧ブログのものです。表示崩れ等ありますがご了承下さい。)

海に入って一番目に着くのが、あまり移動しない軟体動物たち。でも、種名がさっぱり
分からないものが何と多いことか!困り果てていた教員(吉)のところに、「ウミウシの
ことなら誰にも負けません!」という頼もしい1年生(ウミウシ君)が現れました。

まずはコイボウミウシです。体色にはバリエーションがあるようです。

続いてはゴクラクミドリガイの1種です。さすがのウミウシ君も「こんなの今まで見たこと
ない!」と叫んでいました。種名不明にしていましたが、しばらくして2年生が教えてくれ
ました。学名はThuridilla lineolataで、図鑑によっては掲載されているようですが、まだ
和名がないみたいです。日本近海には分布していないようです。

ヒラムシも2種アップしますが、どちらも種名は分かりませんでした。

最後はアメフラシの仲間です。まずはタツナミガイ。

そしてジャノメアメフラシ。生態などをコメントできればよいのですが、教員(吉)には
無理ですねぇ。

最後になりましたが、種同定を手伝ってくれたウミウシ君と2年生、ありがとう!      (吉)

海外実習も充実!
東京環境工科専門学校
http://www.tce.ac.jp/