オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2011年 4月 4日

インドネシア・ブナケン実習便り(1)

(※この記事は旧ブログのものです。表示崩れ等ありますがご了承下さい。)

スタッフの小部屋をご覧の皆様、こんにちは。当校では毎年3月には
インドネシアのブナケン島で、サンゴ礁の生態調査を中心とした実習を
行っています。この実習は、希望者のみの選択実習で約2週間です。
今年は教員(吉)も引率として参加してきました

ブナケン島は、スラウェシ島の北部にあるマナドという街にほど近い
小さな島ですが、海洋国立公園に指定されており、美しいサンゴ礁が
維持されている場所です。スキューバダイビングのポイントしても
よく知られている場所ですので、ご存じの方もいるかと思います

今日、ご紹介するのは、ブナケン島の風景(サンゴ礁、椰子の木)と
海の中を満喫する学生の写真です。こんな素晴らしい環境で、サンゴの
状態の調査、チョウチョウウオの見分け方、魚の行動などを学べる機会は
滅多にないと思います。

実習の内容は、参加した学生たちに少しづつブログにしてもらおうと
思っています。4月下旬からのアップを予定していますので、皆さん
楽しみにしてください。           (吉)

海外実習も充実!
東京環境工科専門学校
http://www.tce.ac.jp/