オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2011年 6月 20日

野生動物リハビリテーション実習(1)

(※この記事は旧ブログのものです。表示崩れ等ありますがご了承下さい。)

当校では2年生を対象に、野生動物リハビリテーションの講義を行って
います。野生動物ボランティアセンター所長の皆川先生にお願いして、
理論から技術までを1年間かけてみっちりと教えて頂いています

先週の金曜日にリハビリの授業の一環として、神奈川県にあるリハビリ
センターで実習がありました。今回は野生動物救護の現場で必要となる
基本技術のうち、雛の扱いと水鳥の飼育管理について学びました

野生動物に触れる際の注意から、ヒヨドリやムクドリなど身近な野鳥の
雛の同定方法、健康状態のチェックについて丁寧なレクチャーを受け、
その後、センターに搬入されてきたヒヨドリの雛を用いて、雛の保定、
給仕の仕方について学びました。

そして、給仕をしている間に手の空いている学生が、雛のケージの
清掃も教えて頂きました。搬入されてきた動物は、どんな病気を持って
いるか分からないため、人獣感染だけでなく、健康な個体への感染も
防ぐため、様々なことに配慮しながら作業することを教わりました

「生命」を直に扱う実習のため、いつになく真剣な表情で取り組んで
いた学生達の姿が印象的でした           (吉)

本格的な野生動物リハビリテーションが学べます!

東京環境工科専門学校
http://www.tce.ac.jp/