オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2007年 4月 14日

上級救命講習会 開催

(※この記事は旧ブログのものです。表示崩れ等ありますがご了承下さい。)

 当校では入学後すぐに上級救命講習を、全学生に受講させ上級救命士の資格を
取得するように指導しています。この資格を取得することによって、野外での
活動中にもしも怪我をした場合でも適切に処置できることを目的としています。
今年も4月10、11、12日 渋谷消防署にて、東京都消防協会の講師の方々に
講習を開催していただきました。

 さらに怪我の処置法だけでなく心肺蘇生法などの、高度な救命技術も学びます。
特に注目されるのがAED(自動体外式除細動器)を用いた心肺蘇生法で、平成16年
7月から一般の人でもこの機械を使って蘇生を行うことが可能となりました。

 このAEDは非常に優秀・強力な機械ですが、心肺蘇生を行いながらの機械の
扱いには慣れが必要です。特に昨年から蘇生法が改善され旧式のAEDの動作方式と、
最新の蘇生法が合致しない現状があります。今回、上級救命講習を受講した学生も
少しとまどいを感じていましたが、積極的に質問をして使用方法を学んでいました。

東京環境工科専門学校
http://www.tce.ac.jp/