オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2007年 1月 12日

ドリアン菓子、味見しました!

(※この記事は旧ブログのものです。表示崩れ等ありますがご了承下さい。)

ドリアン菓子3種、本日のおやつとして味見してみました。報告します!

まず最初は「Brem Seruling」。クッキーかと思ったら想像を絶するお菓子でした。

ちょっとラクガン風の板状のものが3枚入っています。

硬くてパカッと割れますが、口に入れるとやわらかく解けていく感じ。固めたマシュマロみたい。

断面を見ると気泡のあとがあって、コンクリートパネルみたいです。

匂い、味ともに「ドリアン」はあまり感じられません。ちょっとがっかりしました。

相当甘いです。そしておいしくないです。味評価5段階で2です。

次は「Dodol Durian」。これはどうやら「ドリアン羊羹」と呼ばれ、その筋では有名なようです。

ドリアンの匂いはあまりしません。1本ずつセロハンでくるまれているのをむいて口に入れると、

予想できなかった味と食感で、一瞬体の力が抜けました。噛んでいるとドリアンっぽい味がします。

ウイロウを硬くしたような食感です。あまり甘くないので、だんだん「おいしいかも」という気分に

なってきます。次からは先入観無く味わえるかもしれません。味評価は5段階で4かな。

最後は「ドリアンビスケット」。これは袋を開けたとき強烈な「ドリアン臭」がしました。

「ウワッ」て感じです。ひるんだんですが口に入れてみました。

表面に付いた砂糖の甘さと、香ばしくなったドリアン風味が口いっぱいに広がります。

「おいしい!」。続けざまに3枚食べてしまいました。

でも、しばらくすると後味があまりさわやかでありません。わずかなドリアン臭さがずっと残るんです。

油のせいもあるのかな。味の評価は最初4.5、のち3.5といったところでした。

全部の味見を終えてみて、ひょっとしたら、ものすごくおいしいドリアン菓子がこの世には

あるのかもしれない。それをぜひ食べてみたい、と感じました。

とりあえずは皆さん、機会が合ったらぜひご自分で確認してみてください。