オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2006年 2月 26日

こんなのがありました。

(※この記事は旧ブログのものです。表示崩れ等ありますがご了承下さい。)

先週学校に卒業生のU君が、珍しいものを届けてくれました。ウチダザリガニのスープです。大きさはコーヒー缶を1センチ低くしたくらい。ウチダザリガニは特定外来生物として生体の輸入、国内での移動・飼育・放流が原則禁止となった生物です。こうした利用はすばらしいですね。味もいいんですよ。3年前女満別空港でザリガニパスタを食べましたが、これがなかなかのお味でした。昨年の秋は無くなってしまっていて残念だったのですが、このスープがあればいろんな料理が楽しめそうです。webから情報をコピペしておきます。

レイクロブスタースープ (商品価格 500円)
生産者 阿寒町漁業協同組合 (阿寒町阿寒湖温泉2丁目7番2号 TEL 0154-67-2750 FAX: 0154-67-2830)
清澄な阿寒湖で育った、天然ウチダザリガニから、美味たっぷりのブイヨンを抽出。フレッシュバター、生クリーム、トマトを加えて仕上げた、香りとコクのスープです。そのままでも美味ですが、ジャガイモやパスタに良く合います。ジャガイモニョッキを浮かべたり、スープパスタにしたり、カレー等のベースとして・・・アイディア料理も楽しめます。
購入方法 生産者へ直接電話・FAXで注文 (http://www.akan-gyokyo.com/kakou/index.html

料理といえば千石先生です(!?)。自然研にいるときはほとんど食事を自炊してますから。その一端が今週の「週刊文春」に載っています。学校の名前も出てますよ。全部読みたい人は買ってくださいね。(Ku.Ma.)