オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

屋久島

屋久島

世界的に貴重な原生林
人の手によって維持され続けている自然
自然と共に暮らす人々の文化

この3つが相互に関わり、バランスを保ち続けていることで、多くの人を魅了する今の屋久島があるといえます。
屋久島実習では、エクスカーション=「体験型の見学会」を通じて屋久島の自然と文化を深く理解し、さらに自主活動を通じて貴重な自然の中でアクティブに行動できる能力を養うことを目的としています。

屋久島の自然の魅力

植生の垂直分布図

屋久島は、九州最南端の佐多岬から南南西約60kmに位置する周囲約130kmの島です。
この島の大きな特徴は「洋上のアルプス」と称されるように九州地方最高峰の宮之浦岳(1935m)をはじめ、九州高峰7位までがこの島に集中していることです。
このため、海面から山頂までの間で、亜熱帯〜温帯〜冷温帯という日本列島の南から北への気候区分が凝縮されており、それは植生の垂直分布に顕著にあらわれています。
また、この独特の地形と黒潮の影響による豊富な降水量により、樹齢数千年のヤクスギ巨木群を代表とした特徴的な植物相を形成しています。
また、ヤクシカ、ヤクザルなどをはじめとした固有亜種や多様な動植物が生息しています。

実習プログラム例

自主活動

学生が興味を持った自然に対し、屋久島固有の動植物を調べたり、屋久島特有の人と自然との関係について調べるなど、屋久島全体をフィールドとした自主調査活動を展開します。
活動内容はレポートとしてまとめ、個々の学生が感じた屋久島の魅力や現状を、学生全体で共有することが出来ます。
雄大な屋久島の自然を前に、自分がどう活動していけばよいかを考える総合的な能力を育みます。

黒味岳 登山

標高1831mの黒味岳山頂を目指す登山プログラム。
屋久島のより深い自然の中に足を運び、屋久杉の巨木の前に立ち、眼下に広がる屋久島の山々を目の前にしたとき、最高の感動に包まれることでしょう。
自然を見て得た感動と、現地で教わる屋久島の知識が合わさることで、世界遺産への理解が深まります。

西部林道エクスカーション

世界的にみても貴重な自然が残る場所として指定されている世界遺産登録区域の西端部を横切る西部林道。
この道路周辺の自然観察では、屋久島の動植物の神秘を体感することが出来ます。
また、この場所での学習は、「貴重な自然環境を分断する一般道」を目の当たりにすることにより、人と自然との関わり合いについても再認識することが出来ます。

大川の滝 エクスカーション

日本の滝100選にも選ばれている、大川の滝。
大きな落差で流れ落ちる滝しぶきを浴びながら、屋久島の雄大な自然を体感できる場所の一つです。

一湊海岸 シュノーケリング

シュノーケリングテクニックを習得しながら、海洋生物の観察を行います。屋久島の海には驚くほど多くの生き物が生息しており、このシュノーケリングをきっかけに海の魅力にはまってしまう学生もいます。

栗生浜海岸自然観察

波や強風にさらされる、植物にとっては生育が厳しい環境において、独自の生態で生き抜く海浜性植物について観察を行い、知識を高めます。

屋久島環境文化村センターにて館内学習

屋久島の自然と文化を分かり易く展示しているこの場所で、屋久島の知識を深めるとともに、効率的な説明・表現方法についても学びます。

体験者が語る屋久島実習

卒業生 佐藤 崇之 さん(屋久島エコツアーガイド オーセン代表)

体験して初めて分かる、 屋久島の奥深い魅力。
屋久島では自分で調査テーマを決め、3日間の実習調査を行います。私は植物に興味があり、屋久島の海際から内陸まで、どのように植物が変化していくのかを調べました。屋久島の魅力はなんといっても雄大な自然。大きな木、大きな石、強い雨など、一つ一つがダイナミックで、スケールの大きさを体中で感じることができます。
海も山も川もある自然の全てが詰まった屋久島で、学んだ成果を発揮し、「自然」の奥深さに触れてください。
屋久島での新しい発見と驚きに満ちた体験は一生ものです。