オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

アフリカ

アフリカ

海外実習に参加しての感想

自然環境保全学科 齋藤 美央さん

ケニアのレジャーに感銘を受けました
私は野生生物大国であるケニアにおいて、野生生物管理の方法を実際に見学したいと思い研修に参加しました。
アフリカでは、象牙やサイの角を狙う密猟者が増加し、象やサイが絶滅の危機におちいるほど深刻な問題になっています。
その対策としてケニアでは、KWS(ケニア野生生物公社)が主体となって国立公園の周りに電気鉄線を張るなどの管理や、飛行機や車を使って密猟者の発見を行っていました。時には銃撃戦になるほどの命がけの業務を、動物を守りたいという思いと誇りを持って行っているレンジャーに感銘を受けました。