オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2年制 自然環境保全学科 野生動物保護管理コース

2年制

野生動物保護管理コース

野生動物と人との共存に向けて
力を発揮できる人材を育成します。

絶滅危惧種から狩猟鳥獣、更には外来種まで、野生動物に関する幅広い知識や調査技術などを講義や野外実習を通して学び、野生動物保護管理の第一線で活躍できる能力と技術を身につけます。

学びのポイント!

野生動物の保護・管理について

希少野生動物の保護・管理や傷病野生鳥獣の救護・野生復帰、有害鳥獣や外来生物への対応など、野生動物との関わり方や対処法について学びます。

野生動物学、野生動物保護管理論、野生動物リハビリテーション、狩猟技術論 など

動植物の生態や分類・調査について

自然を見つめる基本となる動植物の生態や分類について学習し、野生動植物の調査方法や記録のとり方を習得します。更に調査データを分析・評価する能力まで養います。

生態学、動植物分類学、日本野生生物誌、野生動物調査法、植生調査法 など

科目の紹介

  • 野生動物保護管理論

    今や人と野生動物の関係は、未曽有の社会問題となっており、人と野生動物との関係問題の解決方法を学びます。

  • 野生動物リハビリテーション

    傷付いた野生動物を救護し、野生復帰させるとともに、人と野生動物が共存できるように関係改善を導く、「野生動物リハビリテーション」という新たな考え方と手法を学びます。

  • 野生動物調査法

    野生動物に応じた調査方法に関する基礎知識を修得するとともに、調査方法およびモニタリング、生態学的調査についても事例紹介をまじえて学びます。

  • 狩猟技術論

    現代日本における狩猟の意義を検討し、狩猟免許取得への道程を学びます。あわせて捕殺個体の取り扱い、自治体が実施している有害鳥獣駆除に対応したサンプルの取得や各種手続きなどについても学びます。