オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

インドネシア(森)

インドネシア(森)

映像で見る実習

オラウータン保全実習(スマトラ島)

インドネシア・スマトラ島でのオランウータンの保全実習。リハビリされたオランウータンの追跡行動観察からわかるオランウータンにとって”森”とは・・・

コーディネーターからのメッセージ

コーディネーター Stefan Ottomanski

グローバルな視野で自然環境保全を

私は当校が自然環境保全系の学科を創設以来、海外での実習をコーディネートしています。これまでにインドネシアやフィリピン、マレーシアなど30ヶ所以上の場所で実習をしてきました。今はインドネシアの「海」と「森」で年間2つのプログラムをコーディネートしています。
それぞれのプログラムには、それぞれの場所でしか体験できない魅力がたくさんありますが、私の実習に共通していることは、現地でのコミュニケーションを大切にすること。
現地でのホームスティや同世代の若者との交流を通し、その国のその土地の自然に対する考え方を学び、グローバルな視野で自然環境保全を考えられるようになって欲しいと思っています。

海外実習に参加しての感想

YTさん [出身校:福岡県立久留米高等学校]

~自分の将来を考えるキッカケにもなりました~

実際にバリへ足を運んでカンムリシロムクの生息環境を体感し、現地で活動をしているスタッフと交流することで絶滅危惧種を保全することの重要さや苦労をより深く理解することができました。そして、バリでの保全活動のあり方を学んだ事で、これを日本でどう活かせるか考えるきっかけにもなり、自分の将来に非常に実りのある実習となりました。自分では中々訪れないような場所へ行くのでいい人生経験にもなりました。この経験は、海外における環境活動に対しての見方を広げてくれたの で自分にとって貴重なものとなっています。