オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

自然環境保全コース – 野外演習・ピックアッププログラム

野外実習

都市近郊実習では、首都圏に残っている身近な自然の中で実習を行います。

<科目>博物展示施設実習、環境造園実習、流域保全管理実習など
例)都内各地の都市公園見学、多摩動物公園でのビオトープ施工実習、鶴見川流域での保全活動 など

長野県黒姫、山梨県増穂、鹿児島県屋久島の3つの実習場で学ぶフィールドワークは当校最大の魅力です。

<科目>野外活動技術、植生調査実習、野生動物調査実習、植生管理実習 など

自然環境保全コース PICK UP プログラム

自然再生プログラム

人の手によって破壊されてしまった環境を元に姿に戻すため環境復元作業を行います。
授業プログラムでの活動が、環境復元そのものに役立っています。

ビオトープ施行実習

多摩動物公園オランウータンの森のスカイウォーク下で、景観や環境に配慮したビオトープ施行の実習を行っています。

林業プログラム

林業は森林の保全や山野の植生回復に必要な技術です。
実際に体験することで技術を習得するとともに林業への理解を深めていきます。

ビジターセンターでの普及啓発研修

屋久島環境文化村センターなどで、地域の自然や文化、自然環境保全への取り組みを学ぶと共に、施設展示品やガイドの説明を見聞きし、普及啓発の方法についても学びます。

インタープリテーション実習

環境教育プログラムの企画から発表まで一連の流れを体験し、TCEらしい生物の基礎知識を持ったインタープリターの育成を目指します。