オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

野生動物保護管理コース – 野外演習・ピックアッププログラム

野外実習

都市近郊実習では、野生動物の保護を実践している施設等で、研修を行います。

<科目>野生動物リハビリテーション実習、野生動物保護管理実習 など
例)油汚染水鳥救護実習、希少野生動物の繁殖施設見学、大型哺乳類の年齢査定や食物等のサンプリング実習 など

長野県黒姫、山梨県増穂、鹿児島県屋久島の3つの実習場で学ぶフィールドワークは当校最大の魅力です。

<科目>野外活動技術、植生調査実習、野生動物調査実習、植生管理実習 など

野生動物保護管理コース PICK UP プログラム

哺乳類ラジオテレメトリー調査

発信機をとりつけ野生生物の行動を追跡する調査です。
実習では、この調査のシミュレーションを行います。

哺乳類の痕跡調査

フィールドを歩き、動物の足跡や糞、食痕などを見つけて記録します。
これらの痕跡からどんな動物が生息しているのか推定することができます。

油汚染水鳥救護実習

タンカー座礁事故などでオイルまみれになった水鳥を想定した救護訓練です。

鳥獣被害対策実習

野生動物による農作物への被害を防ぐために利用される電気柵を田畑の周囲に敷設する実習です。

希少野生動物繁殖施設の見学

横浜市繁殖センターでは、バクをはじめとした絶滅が危惧される希少野生動物の保護・飼育・繁殖の最前線にふれることができます。