オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら
  • 2018年12月12日

    鳥の行動生態学

    DSC_0413

    この前は秋山知伸氏をお招きした野生動物学の授業、今回は立教大学名誉教授の上田恵介先生にお越しいただきました。 上田先生は、日本の鳥類研究の第一人者。動物の行動が、生きていく上でどんな意味を持っているかを調べる「行動生態学」という分野がご専門です。授業では、幼少期のエピソードにはじまり、学生時代に研究されていたセッカの繁殖生態の話、刷り込み、人生観に至るまで、豊富な経験と知識をもとに、多岐に渡る話題を披露してくださいました。 上田先生のご出身は大阪。授業の内・・・

    続きを読む

  • 2018年12月10日

    うんこのDNAと保全の関係

    アカガシラカラスバト

    生態学IIの授業、今回は国立環境研究所生物・生態系環境研究センターの安藤温子研究員に講演していただきました。 安藤さんが研究しているアカガシラカラスバトは、一時は数十羽ほどしかいないと言われていた希少な種です。個体数を回復させて絶滅の危機から救うためには、彼らが普段何を食べているのか?ということを知る必要があります。 ただ、動物たちは普段何を食べているか?という一見ごく単純な問題、実は調べるのはそう簡単ではないのです。直接観察しても追いかけられなかったり、・・・

    続きを読む

  • 2018年12月3日

    アホウドリの授業

    アホウドリ

    僕が担当している生態学IIの授業では、主に保全生態学の話題を扱っています。今回は、山階鳥類研究所から特別講師として保全研究室室長の出口智広博士をお招きして、アホウドリの保全事業についてお話ししていただきました。 アホウドリは、羽毛や卵目的の乱獲などで一時は絶滅したと言われるほど数を減らした鳥です。しかし、今から70年ほど前に鳥島で十数羽の繁殖個体群が再発見されて以来、東邦大学の長谷川名誉教授が中心となって実施された保全プロジェクトが成功し、今では5000羽を超えるほどに・・・

    続きを読む

  • 2018年11月21日

    動物スペシャリスト秋山知伸氏の講義

    BIG CATS

    野生動物学の授業では、野生動物の論文を紹介したり、各分野の専門家を招いて特別授業をおこなっています。 今日の特別講師は、動物スペシャリストの秋山知伸氏。秋山さんはフリーランスとして、野生動物写真家・ツアーガイド・ジャーナリストなどマルチに活動されています(大型ネコ科を集めた写真集「BIG CATS」や「ネコ科大型肉食獣の教科書」などはAmazonで購入できます!)。 .        授業では、ご自身が撮影された、数々の臨場感溢れる写真を使って、以前アフリカ・・・

    続きを読む

  • 2018年11月20日

    植物の名前、100種覚えよう!

    植物の名前を100種類以上覚える 当校の1年生の目標の1つです 先日、これまでの成果を確認するための「植物同定テスト」を実施しました この日は、いつもの教室に植物の押し葉標本がズラリと並びます その数、160種類以上 各テーブルを回り、解答用紙に植物の名前を記入していきます 写真の植物は左から「エゾノギシギシ」「ミツバ」「キンミズヒキ」「タケニグサ」 左から「サルトリイバラ」「オニドコロ」「アケビ」 制限時間は1つにつき、15~・・・

    続きを読む

  • 2018年2月27日

    校長先生最終講義

    IMG_0619

    2月27日、幸丸校長先生の最終講義がおこなわれました。 校長先生は、環境庁で自然環境保全関連業務やレンジャーとして全国の国立公園管理に携わられ、岩手県立大学名誉教授・副学長を勤められた後、平成22年より当校に着任されました。当校では、自然環境政策論やキャリア演習などを担当され、その豊富な知識や経験を学生たちに伝えてくださいました。 また、実際の現場で社会体験をしてもらいたいという想いから、学生に積極的に課外活動する機会を与えてくださり、就職指導でも・・・

    続きを読む

  • 2018年2月5日

    樹木医補の授業

    DSC_0017

    樹木医補の講義が行われている教室を覗いてみると、なにやら人だかりが・・・ 樹木医の有田先生が、貫入抵抗測定(レジストグラフ)の方法を学生にレクチャーしているところでした。 バズーカ砲みたいなのが、木の幹に細い針を挿入して抵抗を測り、不朽具合などを調べる機器です。学生もおっかなびっくり挑戦していました。 TCEでは、樹木医補の資格が取得できます!造園・園芸関係に就職する学生にとっては、とても貴重な授業となったはずです。 (沖)

    続きを読む

  • 2017年5月31日

    初夏の自然教育園

    教育園1 - コピー

    目黒の自然教育園観察会にむけての下見に行きました。 2回実施するのでそれぞれの直前に行くわけですが、1回目は5月17日でした。   アサザ池には、池の真上にあるホオノキが葉付きで花を落としていました。 カラスのイタズラかな?   反対側にはヤマボウシがきれいに咲いていました。 日当たりが良いからか、花つきが非常に良いです。 1回目の観察会は5月19日に実施しましたが、私一人だったので写真はあり・・・

    続きを読む

  • 2017年5月1日

    水質を測ろう!

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    水質測定の授業 講師は水質測定のスペシャリスト!! 共立理化学研究所、みずとみどり研究会の方々 パックテストを使った水質の分析 まずは水温 試薬と反応させて ・・・見守ること数分 じゃん!!! こちらは透視度を測定中   身近にある様々なものの水質を測定 水道水、公園の水、雨水、ジュース・・・   わざと水道水に指を・・・

    続きを読む

  • 2017年1月31日

    外(よそ)から運ばれて来た生き物たち 展

    ibahaku

    先日、菅生沼のほとりにある茨城県自然博物館に自然環境調査コースの3年生といってきました。 お目当ては特別展 “外(よそ)から運ばれて来た生き物たち” うれしくないことに、手前の常設展でもたくさんの外来種が迎えてくれました。 表層に暮らすイメージのライギョ。 水底の筒のなかで、出迎えてくれるのは意外なかんじ。 身近なバスやギルも特定外来生物なので飼養許可が表示されていました。 さてお目当ての特別展示。 標本だけでなく、マンガやクイズ、音・・・

    続きを読む

記事一覧へ