オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら
  • 2018年11月19日

    奥多摩でイヌ〇〇?!

    イヌワシ

    こんにちは、2年の酒井です。先月、バイトで行った奥多摩にて、とんでもないものを見つけてしまいました! 山の中で望遠鏡を覗いていたら、遠くの方に、木に止まっている茶色い大きな鳥がいました。最初は「なんだろう、ミサゴかな?」と思って見ていました。しかし、同行していた鳥に詳しい父や、猛禽類の調査をしている方に確認してもらったところ、なんとイヌワシの若鳥だったのです!ずっと枝に止まっていて、翌日も同じところにいました。 https://youtu.be/qeZkc41Pp・・・

    続きを読む

  • 2018年11月14日

    茶色いトトロ?

    エゾフクロウの雛

    2年の滝澤です♪ もう随分前になるのですが、9月の終わり頃、なんとアオバズクが私の家を訪れたんです。 私の家の周りは、加治丘陵や狭山湖がある緑の多い場所です。ベランダにやってきたのですが、訪れたというよりは、窓ガラスにぶつかってしまってパニックになっていたようでした。大きくてまん丸の目は、まるでトトロみたいでした。 迷い込んだアオバズクを心配してか、近くの森で別のアオバズクがホーホーと鳴いていました。幸いにも怪我した様子はなかったので、森の方に放してあげると、声の・・・

    続きを読む

  • 2018年10月29日

    東京都高尾周辺のムネアカハラビロカマキリ(その3)

    muneakaharabirokamakiri_hane

    こんにちは!2年の関です。ムネアカシリーズのその3です(その1 その2)。 多摩森林科学園に行った日の午後は、近くにある陵東公園へ向かいました。この公園でもオオカマキリは10匹ほど確認できました。ムネアカの生体は確認できませんでしたが、オスのものと思われる翅を確認しました(写真上)。公園の周りは住宅が多く、住宅街では家の壁にいたハラビロカマキリを1匹だけ確認できました。 陵東公園では、ムネアカとハラビロのどちらも少なく、増えているのかどうかはっきりしたことはわかり・・・

    続きを読む

  • 2018年10月24日

    東京都高尾周辺のムネアカハラビロカマキリ(その2)

    muneakaharabirokamakiri

    こんにちは!去年ムネアカハラビロの記事を書いた2年の関です。僕は虫の中でもクワガタやカマキリが好きで、実習中もいつも探しています。 今年も、9月23日にいつも観察に行っている多摩森林科学園と、近くにある陵東公園に行って、ムネアカハラビロカマキリが増えているかどうか探ってきました。多摩森林科学園では、まずムネアカが多く見られるポイント(サクラが植えられている広場)に向かいました。向かう道中、オオカマキリやコカマキリを見ることができました。 でも、サクラ広場に到着して・・・

    続きを読む

  • 2018年5月7日

    三番瀬海浜公園のシギチドリ

    kkkffff

    2年の石崎です!ふなばし三番瀬海浜公園へ友人3人(真ん中が写真を提供してくれた佐藤くん)と行ってきたので、そこで見られた鳥達をご紹介します。 三番瀬海浜公園はシギ・チドリ類が多く渡来することで有名です。シギ・チドリとは、干潟のような湿地帯を好む水辺の鳥で、春と秋に日本へ渡りの中継地としてやってきます。干潟の貝やカニ、ゴカイなどを好んで捕食していて、潮が引いて干潟が現れると、砂地へくちばしを突っ込んでそれらを探している様子が見られます。 黒い背中と白いお腹、・・・

    続きを読む

  • 2018年5月2日

    Earth Day Tokyo 2018に出展しました!

    P4210002

    こんにちは。2年生のイシワタと申します。 4/21~22にかけて渋谷区・代々木公園で開催された「Earth Day Tokyo 2018」に出展してきました!TCEは毎年出展を続けており、その内容は学生が主体となって立案し作製、当日の案内までを行っています。 今年度のテーマは「生き物と仲良くなろう!」。 例年は10人弱の有志メンバーが集まるそうですが、今年はなんと!22人のメンバーが手を挙げてくれたため、哺乳類・鳥類・水生動物・昆虫・植物と小班制をとり展示物・・・

    続きを読む

  • 2018年5月1日

    アフリカ実習報告(後編)

    m

    前編はこちら アフリカ実習後半はサイの保護施設での活動とのことでしたが、到着した場所は想像していたのと違い、なんと山の中でした。ここから進む道は、どう見ても人里に続いている気配がありません。不安になりつつ車にしばらく揺られると、かなり厳重な電気柵が現れました。自動扉となっている場所から中に入ると、銃を持った警備部隊に監視塔、何重にも張り巡らされた柵などがあり、とても物々しい雰囲気でした。そう、この厳重な施設に守られているのが、絶滅の危機に瀕しているシロサイだったのです。・・・

    続きを読む

  • 2018年4月20日

    アフリカ実習報告(前編)

    e

    2年の大橋です。先月、海外選択実習(ワイルドライフリハビリテーション実習)で南アフリカ共和国へ行ってきたので、その様子をご紹介します。日本からは直行便の飛行機がないので、成田空港から香港を経由し、ヨハネスブルグ空港へ向かいました。そこからさらに国内線を乗り継ぎ、Hoetsprit空港へ。ここでガイドのジャッキーさんとマーティンさんと合流し、車で国立公園へ向かいました。道中、早速バッファローやバブーンといった野生動物に出会えてびっくりしました。 国立公園のゲートをくぐり、・・・

    続きを読む

  • 2018年3月7日

    増穂実習の思い出

    DSC07574

    2年の樋口です。 あと数日で、私たち2年生は卒業です。あっという間の2年間でした。個人的に一番印象に残っているのは、増穂実習。この実習で私は鳥の魅力に目覚めました。そこで今回、増穂実習を通して特に私の記憶に残った猛禽類達について紹介したいと思います。 まず、片目のノスリ。10月の実習で川を歩いていた時にかなり近くまで飛来し、土手を歩き回っていました。片目なのでなかなか周りが見えなさそう。たくましく生きてほしいと感じた個体でした。がんばれ! 続いて、チ・・・

    続きを読む

  • 2017年10月16日

    東京都高尾におけるムネアカハラビロカマキリについて

    今年の1年生にはなかなかの昆虫マニアが揃っています。今回はそのうちの1人のS君から、最近話題の外来種ムネアカハラビロカマキリについて紹介します。 1.ムネアカハラビロカマキリとは (1)ムネアカハラビロカマキリ(Hierodula venosa) 体長 60~80ミリ前後と大型 近年、分布を広げている外来種のムネアカハラビロカマキリ(以下ムネアカと呼ぶ)は、埼玉県北本市、東京都八王子市、愛知県豊田市、新潟県長岡市などで2000年代あたりから確認されている。 原産・・・

    続きを読む

記事一覧へ