オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

名誉校長メッセージ

自然と真剣に向き合う“情熱”をもつ人へ。 名誉校長 C.W.ニコル

自然の未来を信じ、世界で活躍できる
優れたリーダーシップを発揮できる人へ

日本は素晴らしい自然に恵まれ、生物多様性が非常に豊かな美しい国です。
しかし、現在、その自然環境が失われつつあります。自然はすべてつながっており、森が豊かになれば海が豊かになる。
あらゆる自然はつながり、そして、未来につながっているのです。
私は長野県黒姫の荒れた里山を購入し、「アファンの森」と名づけ、豊かな森に生き返らせました。
森づくりは未来を信じることでもあるのです。
「TCE 東京環境工科専門学校」はレンジャーを育てる学校です。
学びの中で大切なのは、好奇心をもち、考え、理解し、自分で実際に見て確かめ、感動すること。
そうして、自らリアリティを知ることが学びなのです。
本校では、実学的な授業でリアリティを学び、自然環境分野で活躍できる正しい判断力を身につけます。
皆さんも自然の未来を信じて欲しい。そして優れたリーダーシップを発揮し、世界で活躍できる人になってくれることを期待しています。

C.W.ニコル

英国ウェールズ生まれ。
17歳でカナダへ渡り、その後、カナダ水産調査局北極生物研究所の技官として、海洋哺乳類の調査研究にあたる。
1967年より2年間、エチオピア帝国政府野生動物保護省の猟区主任管理官に就任。
シミエン山岳国立公園を創設し、公園長を務める。2005年には英国エリザベス女王陛下より名誉大英勲章を賜る。

主な著書

『ティキシィ』 角川書店 『勇 魚』 文藝春秋社
『風を見た少年』 講談社 『裸のダルシン』小学館
『魂のレッスン』NHK出版 『マザーツリー』静山社 他、多数。