オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2010年 7月 20日

雨の日のツマグロヒョウモン

(※この記事は旧ブログのものです。表示崩れ等ありますがご了承下さい。)

 7月12-13日に増穂実習地に行ってきました.7月24-25日にビックサイトで行われる
東京キャンピングカーショーに当校も出展するのですが,その準備のためです.当日の
増穂はあいにくの雨,晴れ,曇りと忙しい天気でしたが,そのおかげでいろいろな生物を
見ることができました.

 今日は,雨上がりに撮影したツマグロヒョウモンの雌を紹介します. 冷たい雨を避ける
ように葉裏にとまってじっとしている姿が印象的な個体でした.ツマグロヒョウモンは
もともとは南方系の種なのですが,最近は分布を大きく拡大し,日本各地で見ることが
できるようになったチョウの代表といえるかもしれません.以前,渋谷の校内で見つけた
幼虫をこのブログで紹介したことがありますし,街中ではごく普通に見られるチョウですが
増穂はかなり標高が高いので「7月とはいえ,こんな高地ででも確認できるのか」と不思議な
感じがしました.

 もともといなかったはずの場所に,進出している生物を見ると,その生物のたくましさを
感じるとともに,もともとの生態系にはどんな影響があるのだろうかなどといろいろなことを
考えてしまいます                           (吉)

東京環境工科専門学校