オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2010年 5月 12日

春の到来(4)

(※この記事は旧ブログのものです。表示崩れ等ありますがご了承下さい。)

 そろそろ,このシリーズも時期外れになりそうなので続けてアップしていきます(笑)

 今日紹介するのは,昨年に挿し木して増やしたオオムラサキツツジの花です.「よ」
先生と挿し木したのですが,かなりの数の株が活着しました.そのうちのいくつかの
株には早速花芽がつき,株サイズに不釣り合いな大きな花を咲かせてくれました.
ツツジは花が美しいだけでなく,半日陰でも花付きが良いこと,萌芽力が強いので
強選定にも耐えることなどから,庭木として扱いやすい植物です.

 次は,ヤブカンゾウとギボウシ(コバギボウシ?)の新芽です.ヤブカンゾウは3月
下旬には新芽を出し(2枚目),今は大きく育っていますが,ギボウシの方は5月に入って
やっと新芽を確認しました(3枚目).並んでいる写真を見てもらえれば,成長の違いが
よくわかります(4枚目).どちらも園芸種のように花が大きく,きれいなので趣味で栽培
されている方も多いと思いますが,新芽の時期にも,葉に艶があり,鮮やかな緑を楽し
めると思います.  (吉)

東京環境工科専門学校
http://www.tce.ac.jp