オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2006年 11月 17日

千葉の秋‐今日も成虫越冬しないむし

(※この記事は旧ブログのものです。表示崩れ等ありますがご了承下さい。)

モンキチョウと並んで親しみ深いモンシロチョウ。

このチョウも成虫では冬越し出来ません。

蛹で越冬するので、早春に暖かい日が続いたりすると羽化してしまうんですね。

この時期になって産卵されても幼虫は冬越し出来ません。

ベニシジミもまだ陽だまりで見かけることがあります。こちらは幼虫越冬です。

モンシロチョウと並んで春を感じさせるチョウですね。

最後はジョロウグモ。昆虫ではありませんが「むし」ということで。

クモの巣の真ん中で大きなからだをしているのは皆メスです。

そろそろ動きがにぶってきて、姿も足の先が欠けたりしてきてボロボロです。

よく見ると結構きれいですよね。