オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2007年 12月 15日

今日も元気なチョウが

(※この記事は旧ブログのものです。表示崩れ等ありますがご了承下さい。)

12月15日、まだ本格的な冬にはなっていないようですね。

千葉県北西部、茨城県との県境、利根川の土手にはまだチョウが飛んでいました。

お昼前後の気温が高くなるころ、チョウが飛び出してきました。ちょっと小ぶりなモンキチョウ。

地面にとまると体を倒して太陽の光を直角に浴びます。

よく見るとはねの周りがぼろぼろになっていました。どおりで小さく見えたわけです。

他にもベニシジミ、ヤマトシジミ、ヒメアカタテハが。

こんな時期までチョウが活動するなんて、やっぱり地球が温暖化しているのでしょうか?