オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2011年 9月 30日

チョウの足は6本?それとも4本?

(※この記事は旧ブログのものです。表示崩れ等ありますがご了承下さい。)

今日はチョウの足(正確には「脚」です)の数について考えてみたいと思います。
一般に昆虫の脚は6本と決まっていますが、実はチョウの中には4本しかない
(実は6本なんですが)ように見える種がいます。

代表的なものはタテハチョウの仲間ですね。クロアゲハ、ツマグロヒョウモン、
アカボシゴマダラ&ゴマダラチョウをアップしますので見比べてください
(オリジナルサイズで載せますので、右下をクリックして拡大してください)。

アゲハチョウ類では必ず6本ですが、タテハチョウの仲間は前脚が感覚器として
発達して、止まるための足では無くなっています。そのため、見た目には4本に
しか見えません。

当ブログでは過去にも同じネタをアップしましたが、意外と反響があったので
再度紹介しました。                    (吉)

過去の記事はこちら