オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2008年 10月 21日

アサギマダラ、ミドリヒョウモン、ウラナミシジミ

(※この記事は旧ブログのものです。表示崩れ等ありますがご了承下さい。)

アサギマダラ

うちの近所でアサギマダラが見られるのは本当に珍しいです。

セイタカアワダチソウで吸蜜しています。

体力をつけてこれから南に渡っていきます。
ミドリヒョウモン

こちらは暑い夏を寝て過ごす(夏眠する)といわれるチョウです。

あるいはアカトンボのように山の上へ避暑に行っているのかもしれません。

このメスは翅も破れて、6月頃から数カ月を生き延びてきた風格があります。

スミレ類に産卵して次世代を託し命を終えます。
ウラナミシジミ

前にもご紹介しています。

無霜地帯で冬越しし夏から秋に北へ北へと分布を広げます。

寒くなるとそこで死滅する「死滅放散」をするチョウです。

秋に見られるチョウたちでも生活ぶりはさまざまですね。