オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2010年 5月 27日

黒姫実習地恒例?シンボルツリークライミング

(※この記事は旧ブログのものです。表示崩れ等ありますがご了承下さい。)

スタッフの小部屋をご覧の皆様こんにちは。
 
先日、新一年生第一回黒姫実習を無事終了することができました。
今回はそんな黒姫実習から学生の様子をレポートします。
 
黒姫実習地ロータリーには胸高直径約100cm、樹高約25mの大きな二股の木が悠然とそびえ立ち
実習地のシンボルツリーとして学生達の様子を暖かく見守ってくれています。(ヒノキ科の謎の木?です。)
 
そんな二股シンボルツリーを「是非一度は登りたい」と、毎年、木登り好きの学生は忙しい時間の合間を見て(たまに担当の仕事をサボりつつ…)果敢に木登りにチャレンジしています。
 
このシンボルツリーは、はたから見ると簡単に登れそうで、実際登ってみると案外難しくてなかなか登ることが出来ません。一回の実習のうちにクラスでも一人か二人登れればいいほうです。
そんな絶妙な感じが学生達のクライマー魂によりいっそう火をつけます。
 
ルートも歴代のつわもの学生達に開拓され続けて、今では数通りあり、力技で登るルートや、テクニックを駆使して登るルートなど様々です。(昨年度、現二年生のつわもの学生はかなりのルートを開拓しました)
ちなみに私もルートを一つ開拓しました。テクニックとは無縁の私なのでちょっぴり強引なルートですが成功率の高い人気のルートの一つです。
 
さて、今回の結果はと言うと…
 
結局、第一回黒姫実習では、保全科で一人、調査科で二人なんとか登ることができました。
写真は見事成功した3人の学生達です。達成感に満ちた笑顔がかっこよかったです。
残りの実習であと何人の学生が登ることが出来るか楽しみです。
 
成功した学生達へ一言
 
「よく頑張った!」(三歩のパクリ…)
 
そしてまだ成功していない学生へ
 
「まだまだ頑張れよー」
 
ですね。
 
それではまた学生達の勇姿を報告していきます。(教員M)
 
 
「木登りすると褒められる学校?」
      ↓
東京環境工科専門学校