オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2010年 7月 27日

増穂実習だより(11)~線香林と雪害~

(※この記事は旧ブログのものです。表示崩れ等ありますがご了承下さい。)

 久しぶりに増穂実習の様子をお知らせします.今回も4月の実習の話です.
実習地周辺では写真のように折れたヒノキが多数見受けられました.これは
雪害によるものです.

 今年の増穂は3月になって大雪に見舞われました.また,雪質はかなりの
ベタ雪のため,樹冠につもった雪の重さに耐えきれずに折れたと考えられます.
増穂実習地周辺は,ほとんどがヒノキなどの植林地になっていますが,人の
手入れが十分にされていないために,ひょろひょろした細い木しかありません.
(このような林は,ちょうどお線香の束のように見えるので「線香林」とも表現
されるそうです).

 当校の林業実習では,これらの線香林の間伐を行い,林内に光を取り込ませる
ことで,地中に埋まっている広葉樹の種子の発芽を促しています.すぐには成果が
現れない地道な作業ですが,荒れてしまった植林地を,針広混合林への転換を

促し,生物多様性の豊かな森作りを行っています.

東京環境工科専門学校