オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2006年 11月 2日

モンステラー、エビヅル

(※この記事は旧ブログのものです。表示崩れ等ありますがご了承下さい。)

前にヒラタクワガタがモンステラーの果実に来ていたことを紹介しました。

モンステラーは観葉植物として広く使われていますからご存知の方も多いでしょう。

都内では道端に捨てられたのが繁茂して花をつける個体もあります。

くさいにおいなので嫌われますが。

温暖な屋久島では野外に結構作られていて、勝手に実がなっているところがあります。

1年かけて大きくなるのですが、1本500円から700円くらいで売られています。

今回入手したモンステラーが良いにおいに熟してきました。

今日は植物の金井先生がいらっしゃる日なので、楽しんでもらおうと思います。

もう一枚はエビヅル。ブドウ科です。

この実が小さいんですが、甘みと酸味が効いていておいしいんです。

ヤマブドウよりおいしいと思います。

屋久島では平地の藪で見つけることが出来ます。