オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2011年 9月 22日

かわいいフグとこわいフグ~インドネシア・ブナケン実習便り(20)

(※この記事は旧ブログのものです。表示崩れ等ありますがご了承下さい。)

ブナケンの海では、さまざまなフグにも出会いました。今回は比較的写りの良い
フグの写真を紹介します。かわいいフグから、ちょっと怖そうなものまで集まり
ました。

まずはハリセンボン。言わずとしれた身近なフグの代表選手です。写真のように
手の中で大人しくしていると結構かわいいです

お次はカザリキンチャクフグ。かなり綺麗な種で表情も愛らしいです。海水魚の
水槽なんかでは人気が出そうです。

最後は強面のコクテンフグです。このフグは体色のバリエーションが多く、黄色、
白、青と実に様々で、色では種同定できません。和名・英名ともに、blackspot
pufferとあるように、黒点があることで判断します。この写真の個体はかなり怖いです。

一般的に、フグ類はかなり気性が荒いようで、かわいく見えたハリセンボンも
よく見ると口はかなり力が強そうです。とりあえず、コクテンフグは怒らせない
ように気をつけていた教員(吉)でした             (吉)

海外実習も充実!
東京環境工科専門学校
http://www.tce.ac.jp/