オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2010年 11月 1日

GIS講習<導入編>を開催しました

(※この記事は旧ブログのものです。表示崩れ等ありますがご了承下さい。)

10月2・9・16・23日の4日間でGIS講習<導入編>を開催しました。
 
この講習ではNPO法人・地域自然情報ネットワークに所属されているGIS技術者の方々を講師としてお呼びし、実務で使えるGIS技術を身につけることを目的としています。
 
GISを簡単に説明しますと…
「 どこ 」 に 「 なに 」 があるのかを分かり易く示したのが 『地図』 。その地図の「なに」 に対して 「 なぜ 」 をみんなで考えるツールが『GIS』です。
 
講習ではGISソフトの使用方法のレクチャーはもちろん、
 
 
屋外でのGPS機器を用いた位置情報の収集や、
 
 
空中写真やGPSデータを重ね合わせた図面の作成までを演習しました。
 
 このように講習では、パソコンで稼働するGISソフト(ESRI社製・ArcView)を使用し、用途に合わせた地図をGISに組み込み、そこに植生データや、GPSデータ、手書きのオブジェクトなどを重ね合わせ、目的とする図面を作り上げていきます。
 
 GISを扱える技術を身につけることで、貴重な自然の情報をGISに蓄積・解析・表現することができ、結果としてその情報を多くの人と共有することができます。貴重な自然の情報を1人でコレクションするのではなく、自然の情報をより多くの人と共有し、そして問題に対してみんなで取り組んでいく。ITを利用した自然保護活動に、このGISは欠かすことができません。
 
 当校では授業と実習を通じて自然についての知識・技術を高めていくと共に、このGIS講習で身につけたGIS技術によって、自然環境分野でより活躍できる人材を育成していきます。       [ Go ]
 
東京環境工科専門学校
自然環境GISを学ぶなら
↓   ↓   ↓