オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2010年 8月 28日

2010年国際生物多様性年記念 「子供が描く生きものたち展」

(※この記事は旧ブログのものです。表示崩れ等ありますがご了承下さい。)

今年は国連が定めた「国際生物多様性年」であり、また10月には名古屋市で生物多様性条約の第10回締約国会議が開催されることもあり、“生物多様性”なる言葉をあちこちで耳にします。“生物多様性”とは何か、なぜ重要なのか、などを語りだすと、このブログでは収まりそうもないので、今日はパスしますが、子供たちの目線で見た生物多様性ということで、ただいま新宿御苑インフォメーションセンターにて、絵画展が開催されています(http://fng.blog.ocn.ne.jp/shinjukugyoen/cat6420014/index.html
 
これは環境省と、本校も構成員となっている「国立公園サポーターズ」(生物多様性及び国立公園の普及啓発を行う団体の集まり)の共済で行われているもので、国立公園サポーターズの複数の団体が開催したコンクールの優秀作品を集めたものです。
 
 
 
 
 
 
子供の作品などと侮るなかれ、プロ顔負けのポスターやら、インタープリテーションや環境教育の授業でぜひとも手本としたいようなイラストなどが、ずらりと並んでいます。地味な作品展ですが、子供たちのまごう事なき力作をぜひご覧になっていただきたいと思います。95日まで開催されます。あと1週間。
                                                                                        いそげ・・・!!
                                                          (